<< 「未公開株」被害者の名簿流出か…新手詐欺(読売新聞) | main | 虚偽の申請で介護事業者指定取り消し―宮城(医療介護CBニュース) >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


【偽りの果てに 連続婚活詐欺・不審死事件】(中)焦る男性、巧みに籠絡(産経新聞)

 ■サイト→ブログ、一気に結婚話

 「危うく殺されるところだったんだ…」

 木嶋佳苗容疑者(35)が昨年9月25日に詐欺容疑で逮捕されるまで木嶋容疑者と同居していた男性(46)は当時を振り返り、こうこぼした。

  [表で見る]木嶋佳苗容疑者と死亡した男性たちとの関係

 殺人容疑での逮捕までに、6回にわたり詐欺や詐欺未遂などの容疑で逮捕されてきた木嶋容疑者。詐欺行為はいずれも結婚を“エサ”にしたものだ。

 どうやって男性らの心をつかんできたのか。

 男性と木嶋容疑者の出会いはインターネットの結婚相手紹介サイトだった。昨年8月末、木嶋容疑者の紹介ページを見た男性はメールを送ったところ、9月15日に木嶋容疑者から返信があったという。

 「メールありがとうございます」というあいさつとともに「ホームページを見てください」という一言。促されるままにのぞいた「かなえキッチン」というブログは、高級料理店で食事をしたり、料理学校で習った料理を自ら作ったりした話など、華やかで女性らしさがあふれる記述で埋まっていた。

 男性が「真剣なお付き合いができますか」とメールを送ると、すぐに「私も真剣です」。翌16日、男性が招かれたのは木嶋容疑者の自宅である東京・池袋にある高級マンションだった。初めて木嶋容疑者と対面した男性が「真剣に結婚を考えている」と告白すると、木嶋容疑者は「子供が欲しい。お菓子教室を開きたい」と将来の夢を熱く語り始めたという。

 「お菓子教室を開こうと思ったんだけど、うまくいかず借金ができたの。今住んでいる(池袋の)家も出ないといけないし」

 木嶋容疑者が男性に、こんな言葉で金の無心をしたのは、しばらく2人で話し込んだ後のことだった。

 「本当に困っているようだった」。同情し、自分の家に来るよう告げた男性は同17日に木嶋容疑者宅を再訪。引っ越しを手伝い、木嶋容疑者に求められるまま250万円を振り込んだ。

 まもなく男性宅に引っ越した木嶋容疑者は炊事、洗濯、掃除とかいがいしく働いた。「決してきれいではないが詐欺をやるようにも見えない」。男性は、さらに計200万円を木嶋容疑者に渡したという。

 「よくできている」と一連の手口を評するのは、結婚詐欺の研究を続ける大阪商業大学の谷岡一郎教授(社会学)だ。

 通常、結婚詐欺は女性がだまされるケースの方が多いが、一定の年齢を過ぎると、男性がだまされるケースも急増するという。「結婚歴のない独身男性は40歳を過ぎると老後を考え始め、焦りを感じるようになる」と谷岡教授。木嶋容疑者は、そんな男性を巧みに引き込んでいった。

 婚活サイトで自分に興味を持った男性に、アピールポイントを盛り込んだ自分のブログを見るよう促す“二段構え”で狙いを絞り込み、会ったその日に結婚話を持ち出す。谷岡教授は「最初に狙いを絞っているからルックスやスタイルは問題ではない。好意を持った女性が『結婚したい』と言ったら『信じる』というより『信じたい』

 だが、同居生活はすぐに終わりを迎えた。

 9月21日午後8時ごろ、千葉県警の捜査員が男性宅を訪れた。男性は警察署に連れて行かれ、そこで衝撃的な言葉を聞いた。「彼女は昏睡強盗をしているかもしれない」。さらに25日昼。今度は埼玉県警の捜査員が男性宅に姿を見せ、木嶋容疑者に任意同行を求めた。「大丈夫だから」と告げた木嶋容疑者はその夕方、詐欺容疑で逮捕された。家の火災報知機が外されていることに気が付いたのはその2日後。「(木嶋容疑者に)外されたということですね」

 逮捕から1週間。弁護士を通じ木嶋容疑者から手紙が来た。「私のことで(男性が)調べにあってすまないと思っています。今は心の支えになっています」

 “結婚の呪縛(じゅばく)”が解けた今、男性は手紙について問われると、こう吐き捨てるように言った。「何を言っているんだか…」

【関連:結婚詐欺・連続不審死】
パソコンから大出さんのメール消去 木島容疑者、証拠隠滅か
木島容疑者、犯罪に手を染めたその原点は…
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント
「尽くします」メールは同一文面 木島容疑者、手当たり次第に送信
木島被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円

川に車転落、男女2人が死亡=雪でスリップか−さいたま(時事通信)
新幹線、3時間半ストップ=新横浜〜小田原間で架線切れ−JR東海(時事通信)
一時金“持ち逃げ”全員特定 派遣村入所を厳格化 都が国に緊急要望へ(産経新聞)
「尽くします」メールは同一文面 殺人容疑再逮捕の女、手当たり次第に送信 結婚詐欺・連続不審死(産経新聞)
「最も素晴らしい決定」と遺族ら=感極まった表情で会見−横浜事件(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.04.24 Saturday
  • -
  • 09:22
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
リンク
探偵
2ショットチャット
サイドビジネス
モバイル ホームページ
探偵事務所
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
selected entries
archives
recent comment
  • <山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
    AtoZ (08/28)
  • <山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
    リンデル (01/18)
  • <山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
    カドルト (01/12)
  • <山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
    ソルバルウ (01/04)
  • <山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
    タンやオ (12/30)
  • <山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
    リョータ (12/25)
  • <山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
    晶太郎 (12/21)
  • <山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • <山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
    ばきゅら (12/09)
  • <山崎直子飛行士>赤いシャボン玉できた 長女の疑問に実験(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/04)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM